英語の能力を伸ばしたいならば沢山やることです

英語の能力は勉強時間に比例しています。ですから沢山やれば伸びるということです。たったのそれだけのことで英語が出来るようになりますから、勉強は本当は簡単なのだと言えますね。時間をかけてじっくりと実力を伸ばすのもいいですし、短期間のうちに大幅に伸ばしてしまうのも良い方法です。どちらが正しいとはいえませんが、自分で考えて実行をすることが大切なのかもしれません。何でもかんでも他人の言うとおりに勉強をしていると個性がなくなってしまいます。自分の考えをしっかりと持って行動をしていくことが大切です。そうなってくると勉強が楽しくなるかもしれませんね。自分の考えというのはすぐに持つことが出来るものではないかもしれません。ですが、時間をかけてじっくりと考えることができれば、自分のものにすることが出来るでしょう。それは楽なことではないかもしれません。ですが、身に付けるべきことですね。英語を勉強をするときには自分なりに考えて実行をしてみても良いかもしれません。そうなってくるとどんどん実力が伸びるかもしれません。また、頑張って勉強をしたけれど効果がなかったということになる場合もあります。それも一つの経験として大切にしていけばよいのです。勉強は何度も失敗をして経験を詰んでいくことが大切です。そうなってくるとまるで実験のようなものなのかもしれません。自分でどんどん実験をしていくことが勉強の醍醐味です。自分なりのやり方が見つかると楽しくなります。