受験英語と日常生活での英語について

我々が日本で英語を利用するのはどのような場面であろうか。

私は大学院に通っているが、がここ一年で英語を利用したのは観光客に道を聞かれたとき、バイト先でお客様が外国人の方だったとき、授業で外国の方と作業をするときである。私の住む町は外国人の方が多く、比較的英語を使う場面が多い。おそらく一般の方はめったに英語を使用することがないであろう。

では私がこのような日常生活での英語において大学受験での英語、またはTOEICなどが役に立ったことがあるか考えてみる。結論、あまりない。むしろ中学校で習ったような道の説明の方が役に立っていると思う。

なぜ、受験英語が役に立たないのであろうか。それは受験英語を勉強する際の仕方に問題がある。大学受験において一番大切とされるのは英語の長文を読み、意味を理解することである。私は予備校の時多くの英語の長文を読み、一年で飛躍的に英語の偏差値が上がった。

これと反対に日常生活での英語はリスニング力が求められる。人と会話するにあたって、相手の意見を理解することはとても重要である。受験英語では聞く力があまり高められないと感じている。次に日常生活での英語で重要なのは、自分の英語を相手に伝えることである。ここでは受験英語のような構文の組み立ては求められていない。しかし、受験英語では解答時間をゆっくり使い、文章を組み立てることができたが、相手の会話では相手の意見を聞き、すぐに返答することが求められる。私はここで簡単な単語も即座には頭の中に出てこないことを実感した。

このように受験英語は受験するにあたり必要ではあるが、日常で英語を使うためにも中学校など学校で習う英語を大切にする必要があると感じた。