私が英語を学ぼうと思ったわけ

私は英米文学科卒業です。進路を決めたのは高校2年の時でした。

当時私は、アメリカのコメディードラマが好きで、テレビの再放送で良く見ていました。中でもお気に入りだったのは、マイケル.J.フォックスの『ファミリータイズ』でした。ある日、レンタルビデオ屋で『ファミリータイズ』を見つけたので、借りてきてワクワクしながら見ました。ところが、テレビで見ていた時のようには笑えないのです。借りてきたのは字幕版だったため、目で文字を追っていると、どうしても笑いのテンポが一歩遅れてしまうからでした。

それで、私は洋画を字幕なしで耳で理解出来るようになりたい!と、英語の勉強を始めたのです。たまたま学校の近くに新しく大手の英会話スクールが出来たので、そこに1年半通いました。英語の授業で発音などを褒められることが多くなると、ますます英語学習が楽しくなり、受験の際も、英文科を選びました。

ただ、英米文学科というのはあくまで文学の研究をする科なので、結局4年通っても英検2級合格が精いっぱいで、字幕なしで英語を理解できる程のスキルは身につきませんでした。それでも、海外旅行先で困らない程度の語学力は身についたし、多くの日本人のような、外国人に話しかけられたら固まってしまう…、なんてことはなくなりました。

主婦になり、子育てオンリーの毎日では、なかなか英語を使う機会もなく、私の英語力もかなり錆び付いてしまっていますが、東京オリンピックに向けて、またひそかに勉強を始めたいな、と思っています。