ビジネス英語を身につけるときにはライティングを重要視すると良い

ビジネス英語と言っても、役に立たせる場面や方法はいろいろなものがあります。ビジネス英語としては話せれば1番良いですけど、どちらかというと仕事ではメールを出す機会の方が多いかもしれません。仕事で誰かと連絡をとるときには電話よりもメールの方が実は使用頻度が高い場合もあるのです。

それはメールは相手が都合の良いときに見れば良いので、時間帯を気にしないで済むからです。電話は時間帯を気にしないといけないので、後でやっておこうとすると忘れてしまうことがありますし、制限があります。したがって、外国人と連絡をとりあうときにはメールを使う機会の方が多くなる傾向にあり、話せなくても、文章にできれば良いということも少なくありません。

スピーキングまでできればなお良いものの、ライティングがとりあえずできれば、支障は少ないと言えるでしょう。ビジネス英語を学ぶときには、話すことと聴くことはとりあえず後回しにしても構わないと思います。

そうやって、まずは自分の思い描いていることを文章にする力、そして相手の送ってきたメールを正しく理解する力を養っていくと良いでしょう。どちらも英語を学ぶときの基礎です。受験勉強とやるべきことは大差ないかと思います。ビジネス英語というと、話したり、聴いたりすることができないと意味がないと思っている人もいるかもしれませんが、それができないとしてもライティングができれば全然状況は変わりますし、仕事においての自分の可能性がより広がるのではないでしょうか?