苦手な英語をなんとか克服することが出来ました

英語が苦手で嫌な思いを沢山してきました。テストでも点数が取れませんでした。問題の解答方法がわからないのです。ですから、どうやったら理解できるのかという事をずっと考えていました。この考えていて何も行動をしないというのが良くなかったのかもしれません。英語は言葉なのですから使えば使うほど出来る様になるのは明白なのです。実際に英語を理解するためにはとりあえずノートに書いてみたり発音してみることが大切です。試験問題を睨んでいても何も始まらないのです。 (さらに…)

立派なスキルとして認められる英語

現在では、英語は立派なスキルのひとつとして認識されているのではないかと考えられています。日本ではこうした傾向が顕著に確認されるようになってきており、積極的に英語のスキルを高めようとする人をサポートする流れが強くなることにも関与しています。海外で活躍したいと考えている人は、自ずから英語のスキルを高めようとします。そのため、積極的に英語の技術を磨き、グローバルな人材になることが、昨今日本では良いことであると捉えられているのではないかと思います。
(さらに…)

海外のニュースを読みながら英語を勉強中

学生のときに受験対策のため頑張って英語を覚えましたが、長いブランクがあると短い文章でも翻訳するのが大変だと痛感します。そう思ったきっかけはスマホを手に入れて、英語がベースのアプリを入れたときです。ニュースを配信しているアプリを試したらどれも芸能情報の比率が多くて私の求めているものと違ったので、海外の有名な放送局が配信しているものを使ったのです。
(さらに…)

英語の勉強は楽ではありませんが、身に付けると良いことがあります

英語を身につけるには時間がかかります。途中でわからなくなって辞めたくなってしまうかもしれません。しかしそれでも続けることで良い効果があります。頭をつかうので頭の回転が良くなるかもしれません。努力をするということの大切さを知ることも出来ます。そして何よりも英語が便利なのは、その使い勝手のよさです。英語が出来るだけでも多くの本を読むことが可能になります。日本語だけでは理解できない概念もあります。まだ翻訳されていない教科書を読むときにも英語は役立ちます。受験のためだけに英語を学んでいるのではないです。英語は役立つから学んでいるのです。
(さらに…)

私が英語を学ぼうと思ったわけ

私は英米文学科卒業です。進路を決めたのは高校2年の時でした。

当時私は、アメリカのコメディードラマが好きで、テレビの再放送で良く見ていました。中でもお気に入りだったのは、マイケル.J.フォックスの『ファミリータイズ』でした。ある日、レンタルビデオ屋で『ファミリータイズ』を見つけたので、借りてきてワクワクしながら見ました。ところが、テレビで見ていた時のようには笑えないのです。借りてきたのは字幕版だったため、目で文字を追っていると、どうしても笑いのテンポが一歩遅れてしまうからでした。 (さらに…)

英語の能力を伸ばしたいならば沢山やることです

英語の能力は勉強時間に比例しています。ですから沢山やれば伸びるということです。たったのそれだけのことで英語が出来るようになりますから、勉強は本当は簡単なのだと言えますね。時間をかけてじっくりと実力を伸ばすのもいいですし、短期間のうちに大幅に伸ばしてしまうのも良い方法です。どちらが正しいとはいえませんが、自分で考えて実行をすることが大切なのかもしれません。何でもかんでも他人の言うとおりに勉強をしていると個性がなくなってしまいます。自分の考えをしっかりと持って行動をしていくことが大切です。 (さらに…)

小学4年生の娘が英語を始めました

最近は、小学校でも少しだけ英語の時間があるんです。また、時々外人の先生が来て、一緒に給食を食べたりもします。

周りのお友達も、英語を習っている子が結構います。うちの子みたいに、アルファベットもよくわからないようでは、この先だいぶ不安です。

高校生の子供を持つ友人いわく、中学に入る前に英語には触れさせておいた方がいいとのこと。そんなアドバイスをもらって、やはり英語を習わせようと思い立ちました。
(さらに…)

幼児が言語を習得するプロセスと同じ英語学習法

これまで学生時代そして社会人になってからもずっと、様々な英語学習法を試してきました。その中で比較的、効果があったなと思うのが、赤ん坊や幼児が言語を習得するのと同じ過程をたどるという英語学習法です。ある教授が書かれた本にあったものですが、読んだ時に納得して試してみようと思いました。

その本に書かれていたのは赤ん坊も話し始めるまで1〜2年程の沈黙期間があるということでした。その期間はじっと周囲の人が話すのをひたすら聞いていて、単語や言語の文法などを吸収しているそうです。そしてその過程が過ぎて、言語の脳がある程度形作られた時に言葉を発するようです。
(さらに…)

take care という 英単語がすき

タイトルにありますが  take care  という 英単語がすきです。というより英語には別れ際に日本語の様なじゃあね頑張ってねとか頑張れよ。とか言うサヨナラの言い方はありません。どっちかというと気を付けてねとか気楽にね! などの言葉でさよならします。

まぁ文化といえば文化なのですが、英会話を知れば知るほどポジティブなというか楽観的というのが多いのかもしれません。お休みなさいという言葉も英語ですとグッドナイトという英単語を使いますね。単純に洋画などでききながしてしまいがちですが、直訳は良い夜をという意味ですね。グッドモーニングというのも直訳は良い朝という意味ですしね。

(さらに…)

英語を学びたいと思うことが増えて来ました

日本に住んでいるから英語なんてどうでもいいやと思っていました。ですが今はちゃんと英語を勉強しなかったことを後悔していますし、英語を話すことが出来たらよかったのになと思うことが多いです。

外国人の方に出会うことが多くなったことで英語の重要性を感じています。何か聞かれたりすることがたまにあるので、そういう時にもっと上手に英語で答えることが出来たらいいのになと自分の英語力にがっかりしています。
(さらに…)