私が英語を学ぼうと思ったわけ

私は英米文学科卒業です。進路を決めたのは高校2年の時でした。

当時私は、アメリカのコメディードラマが好きで、テレビの再放送で良く見ていました。中でもお気に入りだったのは、マイケル.J.フォックスの『ファミリータイズ』でした。ある日、レンタルビデオ屋で『ファミリータイズ』を見つけたので、借りてきてワクワクしながら見ました。ところが、テレビで見ていた時のようには笑えないのです。借りてきたのは字幕版だったため、目で文字を追っていると、どうしても笑いのテンポが一歩遅れてしまうからでした。 (さらに…)

英語の能力を伸ばしたいならば沢山やることです

英語の能力は勉強時間に比例しています。ですから沢山やれば伸びるということです。たったのそれだけのことで英語が出来るようになりますから、勉強は本当は簡単なのだと言えますね。時間をかけてじっくりと実力を伸ばすのもいいですし、短期間のうちに大幅に伸ばしてしまうのも良い方法です。どちらが正しいとはいえませんが、自分で考えて実行をすることが大切なのかもしれません。何でもかんでも他人の言うとおりに勉強をしていると個性がなくなってしまいます。自分の考えをしっかりと持って行動をしていくことが大切です。 (さらに…)

小学4年生の娘が英語を始めました

最近は、小学校でも少しだけ英語の時間があるんです。また、時々外人の先生が来て、一緒に給食を食べたりもします。

周りのお友達も、英語を習っている子が結構います。うちの子みたいに、アルファベットもよくわからないようでは、この先だいぶ不安です。

高校生の子供を持つ友人いわく、中学に入る前に英語には触れさせておいた方がいいとのこと。そんなアドバイスをもらって、やはり英語を習わせようと思い立ちました。
(さらに…)

幼児が言語を習得するプロセスと同じ英語学習法

これまで学生時代そして社会人になってからもずっと、様々な英語学習法を試してきました。その中で比較的、効果があったなと思うのが、赤ん坊や幼児が言語を習得するのと同じ過程をたどるという英語学習法です。ある教授が書かれた本にあったものですが、読んだ時に納得して試してみようと思いました。

その本に書かれていたのは赤ん坊も話し始めるまで1〜2年程の沈黙期間があるということでした。その期間はじっと周囲の人が話すのをひたすら聞いていて、単語や言語の文法などを吸収しているそうです。そしてその過程が過ぎて、言語の脳がある程度形作られた時に言葉を発するようです。
(さらに…)

take care という 英単語がすき

タイトルにありますが  take care  という 英単語がすきです。というより英語には別れ際に日本語の様なじゃあね頑張ってねとか頑張れよ。とか言うサヨナラの言い方はありません。どっちかというと気を付けてねとか気楽にね! などの言葉でさよならします。

まぁ文化といえば文化なのですが、英会話を知れば知るほどポジティブなというか楽観的というのが多いのかもしれません。お休みなさいという言葉も英語ですとグッドナイトという英単語を使いますね。単純に洋画などでききながしてしまいがちですが、直訳は良い夜をという意味ですね。グッドモーニングというのも直訳は良い朝という意味ですしね。

(さらに…)

英語を学びたいと思うことが増えて来ました

日本に住んでいるから英語なんてどうでもいいやと思っていました。ですが今はちゃんと英語を勉強しなかったことを後悔していますし、英語を話すことが出来たらよかったのになと思うことが多いです。

外国人の方に出会うことが多くなったことで英語の重要性を感じています。何か聞かれたりすることがたまにあるので、そういう時にもっと上手に英語で答えることが出来たらいいのになと自分の英語力にがっかりしています。
(さらに…)

スマートフォンを利用したオンライン英会話の利用

iPhoneに代表されるスマートフォンでオンライン英会話を利用する人は、年々増加してきているのではないかと推測されています。このようなデバイスを用いて英会話の学習をできるようになることで、多くの人が気軽に英会話学習をいつでも進められるようになるのではないかと思います。英会話の上達スピードを高めることに直結する傾向であるとされていることから、スマートフォンを活用してオンライン英会話の学習コンテンツを使用することは望ましいものであると捉えられているのではないかとみられています。
(さらに…)

TOEIC参考書選びで気を付けたいこと

グローバル化が進む中、学生やビジネスマンに人気の英語系資格がTOEICです。自分のビジネス英語の能力が点数によって目に見えて把握、証明できることから、目標を持って学習できます。しかし、難易度が高いテストのため、点数が伸び悩んでいる人も多いです。また、初めてTOEICを受験する初心者も、どこから学習を始めていいか分からないという方がほとんどです。

そんな方々に声を大にして教えたいことは、参考書選びの大切さです。TOEIC対策において非常に重要なのは、自分に合った参考書を選び、学習することです。そこで、参考書選びにおいてやってはいけないことを紹介します。ぜひ、学習の参考にしてみてください。
(さらに…)

英単語の暗記にオススメの単語帳キクタンシリーズ

英語の単語帳はたくさんあり過ぎて、何を選べばいいのかわからないですよね。そんな方にオススメなのがアルクのキクタンです。実力や目的に合わせた英単語を学習できます。付属のCDには英語の発音が収録されています。CDでは単語を英語・日本語・英語の順で発音してくれるので、CDを聞くだけでも効果があります。関連した用語の解説も豊富なのが魅力です。

しかし、基本単語を集めたキクタンEntryではあえて関連した用語の解説が少なめになっているので、英語が苦手な人や文字が多すぎると嫌な人にもうってつけです。キクタンEntryは入門の単語集ですが、中学修了から高校基礎レベルまで対応しています。英語が得意な中学生や英語が苦手で復習したい高校生におすすめです。 (さらに…)

ビジネス英語を身につけるときにはライティングを重要視すると良い

ビジネス英語と言っても、役に立たせる場面や方法はいろいろなものがあります。ビジネス英語としては話せれば1番良いですけど、どちらかというと仕事ではメールを出す機会の方が多いかもしれません。仕事で誰かと連絡をとるときには電話よりもメールの方が実は使用頻度が高い場合もあるのです。

それはメールは相手が都合の良いときに見れば良いので、時間帯を気にしないで済むからです。電話は時間帯を気にしないといけないので、後でやっておこうとすると忘れてしまうことがありますし、制限があります。したがって、外国人と連絡をとりあうときにはメールを使う機会の方が多くなる傾向にあり、話せなくても、文章にできれば良いということも少なくありません。 (さらに…)